砂時計の残り

大好きなモノは 大きな音立てて消える
灰になって積もる 燃えた時間 遥かな面影

永遠は無いとか分かりきった話をやめて
答えはなくてもいいよ ひとりごとを手に取るだけ

気づけば慌ただしさに塗れ あなたとの時間が
削られてく事にさえも慣れてしまうけど

限りあるあなたの時の中 私はあと何回会えるだろう
どうしても止まれないからこそ大事に思うのかな 切ない仕掛けだね

掬い上げる指先の間 次々零れ
守れなかった願いを悼んで握り返す

上手く言えない心を これ以上甘やかすには
時間がもう足りないから 愛してるを伝えて

失くすまでこんなに大切と気づかなかった事多すぎたよ
最後だと分かってからじゃもう 手遅れだったのに ダダもこねられない

限りあるあなたの時の中 私はあと何回会えるだろう
どうしても止まれないからこそ大事に思うのかな 切ないけど

限りある私の時の中 あなたとあと何回会えるだろう
どうしても終わりがあるからこそ大事にしたいんだよ 砂時計の残り

inserted by FC2 system